conphic_logo_03
東京都立川市のシステム開発会社 株式会社コンフィック


当社ブログにアクセスいただき,
誠にありがとうございます。

大量のデータをXML化,DB化した後,どのようにそのXMLを活用すれば良いのかと質問を受けることがあります。
本来,どのような目的で電子化したいのかが先にあるべきなのですが,XMLにしておけば後で何とかなるだろう。というケースもあるようです。
株式会社コンフィックにて電子化やDB化のご相談を受けた場合には,そのドキュメントの種類や特性を活かしたデータ形式をご提案いたします。
もちろん汎用性のある設計をしたXML形式とし,XSLTにて用途に応じた見せ方や変換をするご提案が多くなってきておりますが,用途に応じた費用対効果の高い情報資産を構築するお手伝いをいたします。
紙媒体やマイクロフィルム,画像データからのデータ変換やデータ整理など,お気軽に株式会社コンフィックまでお問合せください。

【関連記事】株式会社コンフィックの「情報資産」をテーマにした記事一覧


システム開発・運用に関してのご相談,ご用命は,
多くの開発経験がある株式会社コンフィックへ
e-portfolioeポートフォリオ),クラウドクラスサイトワンドe-Legislationシステム開発データ変換サービス 等
お気軽にご連絡ください。


株式会社コンフィック http://www.conphic.co.jp 代表取締役 齋藤大地
メールでのご連絡はこちらのフォームからお願いします。
迅速に対応いたします。