conphic_logo_03
東京都立川市のシステム開発会社 株式会社コンフィック


当社ブログにアクセスいただき,
誠にありがとうございます。

古い文献や書籍を電子化する際には,文字コードの無い外字をどのように処理するのかを事前にルールを決めておく必要があります。
電子化したデータをどのように用いるのかにより,代換文字を使う,画像として処理をする,独自のコードを用いるなどの方法があります。
有名な外字フォントソフトウェアとしては,紀伊国屋書店の今昔文字鏡があります。
株式会社コンフィックでも外字の対応でよく利用するソフトウェアで,システムに組み込むことも可能です。
紙媒体の電子化やXML化,データベース化について大量文書処理の経験豊富な株式会社コンフィックにお気軽にご連絡ください。

【関連記事】株式会社コンフィックの「電子化」をテーマにしたブログ一覧


システム開発・運用に関してのご相談,ご用命は,
多くの開発経験がある株式会社コンフィックへ
e-portfolioeポートフォリオ),クラウドクラスサイトワンドe-Legislationシステム開発データ変換サービス 等
お気軽にご連絡ください。


株式会社コンフィック http://www.conphic.co.jp 代表取締役 齋藤大地
メールでのご連絡はこちらのフォームからお願いします。
迅速に対応いたします。