conphic_logo_03
東京都立川市のシステム開発会社 株式会社コンフィック


株式会社コンフィックのブログにアクセスいただき,
誠にありがとうございます。

過去の書籍や文書を電子化する際には,印刷(写植)で作成された文字がシステムやブラウザ,多くの人が利用するアプリケーションにて表現できるかを検討する必要があります。
特に人名や地名に多いのですが,それ以外にも全角4文字分の繰り返し記号やその文書固有のマークなどのケースもあります。
電子化前にテキスト化ルールを決めておくことが重要です。また置き換えた文字のリスト化や画像化も検討する必要があります。
株式会社コンフィックでは,大量の文書電子化の処理経験があり,その文書をどのように表示するか,利用するかによって最適な処理方法をご提案いたします。
文書の電子化やXML化,データベース化などお気軽にお問合せください。

【関連記事】株式会社コンフィックの「電子化」をテーマにしたブログ一覧


システム開発・運用に関してのご相談,ご用命は,
多くの開発経験がある株式会社コンフィックへ
e-portfolioeポートフォリオ),クラウドクラスサイトワンドe-Legislationシステム開発データ変換サービス 等
お気軽にご連絡ください。


株式会社コンフィック http://www.conphic.co.jp 代表取締役 齋藤大地
メールでのご連絡はこちらのフォームからお願いします。
迅速に対応いたします。