conphic_logo_03
東京都立川市のシステム開発会社 株式会社コンフィック


株式会社コンフィックのブログにアクセスいただき,
誠にありがとうございます。

株式会社コンフィックでは,日本語精査(チェック)ツールを提供しておりますが,そのチェック内容としては常用漢字表を基準にしています。
以前ご紹介した,テクニカルコミュニケータ協会が出版している,日本語スタイルガイドも参照の上,チェック用の辞書を構築しています。
その常用漢字表にも記載がありますが,印刷されている紙文書を電子化する際には,異字形を考慮して電子化する必要があり,電子化前にどのようなルールで電子化するのかをお客様と相談の上,作業を行います。

日本語スタイルガイドに書かれている用字・用語の例を少しご紹介します。
・常用漢字表に掲載されていても「音訓一覧」に読み方が載っていないときはその漢字は使わないほうが良い。
×融ける
○溶ける
×関わる
○かかわる
×予め
○あらかじめ
×美味しい
○おいしい

上記のような例がたくさん掲載されています。

また,
・一文一義で書く
・一文の長さに気をつける
・主語と述語を正しく使う
といった日本語文章のライティング技術についてわかりやすく解説されています。
文章の種類を問わずに役立つ技術だと思いますので,ご興味のある方はご参照ください。

株式会社コンフィックでは,日本語文の処理や解析などの各種ツールを研究開発しております。
お気軽にご相談ください。

【関連記事】株式会社コンフィックの「日本語」をテーマにしたブログ一覧


システム開発・運用に関してのご相談,ご用命は,
多くの開発経験がある株式会社コンフィックへ
e-portfolioeポートフォリオ),クラウドクラスサイトワンドe-Legislationシステム開発データ変換サービス 等
お気軽にご連絡ください。


株式会社コンフィック http://www.conphic.co.jp 代表取締役 齋藤大地
メールでのご連絡はこちらのフォームからお願いします。
迅速に対応いたします。