conphic_logo_03
東京都立川市のシステム開発会社 株式会社コンフィック


株式会社コンフィックのブログにアクセスいただき,
誠にありがとうございます。

株式会社コンフィックでは,翻訳支援環境やツールを提供しています。
翻訳メモリや各種の翻訳支援システムで効率的に翻訳を行うために,常に翻訳は原文と訳文を1対にしておくことが重要です。
日英翻訳時に,日本語1文に対して英語が2文になってしまったり,その逆になるような翻訳を行ってしまうと,その後翻訳文を流用したり,システムにて活用をするために再度翻訳データの加工が必要になる場合があります。
翻訳文を1対で保持しておくことを心がけて翻訳を行ったり,訳者に依頼をしておくことが翻訳資産を活用することにつながります。
それらの1対の翻訳データが蓄積されることにより,翻訳辞書の構築や翻訳者がよく用いている翻訳ソフトTRADOS型式の翻訳メモリに変換をすることが可能です。
さらに多言語化し,同様にデータを構築することで,Webで提供することや,印刷する際にも活用可能です。
株式会社コンフィックでは,お客様の情報資産を効果的に活用するツールやデータベース構築を行っております。お気軽にご連絡ください。

【関連記事】株式会社コンフィックの「翻訳」をテーマにしたブログ一覧


システム開発・運用に関してのご相談,ご用命は,
多くの開発経験がある株式会社コンフィックへ
e-portfolioeポートフォリオ),クラウドクラスサイトワンドe-Legislationシステム開発データ変換サービス 等
お気軽にご連絡ください。


株式会社コンフィック http://www.conphic.co.jp 代表取締役 齋藤大地
メールでのご連絡はこちらのフォームからお願いします。
迅速に対応いたします。