conphic_logo_03
東京都立川市のシステム開発会社 株式会社コンフィック


株式会社コンフィックのブログにアクセスいただき,
誠にありがとうございます。

法令や条例は,その文章の字下げや折り返しが定められていますが,そのルールに従い,ワープロソフトにて調整をする作業はかなり大変です。
配字の例としては,以下のようなものがあります。

題名:3字下げて書き出し,折り返しは4文字目
条見出し:1字下げ
条名と第1項:1字目から書き出し,折り返しは2文字目。条名と第1項の間には全角の空白を入れる。
項:1字目から書き出し,折り返しは2文字目
号:2字目から書き出し,折り返しは3文字目
附則:3文字目から書き出し,「附」と「則」の間には全角の空白を入れる。
附則第1項:1字目より書き出し,折り返しは2文字目
 等々

他にも一部改正法(一部改正条例等)の配字などもあり,国会提出法案では,1行の文字数と1ページの行数も明確に決まっています。
株式会社コンフィックでは,このような配字を自動調整するツールや配字を意識することなく,自動組版にて印刷用データを作成することが可能です。
法令や条例だけではなく,約款や契約書類などにも利用可能です。

構造化文書の自動組版や文書作成支援環境の構築など,お気軽に株式会社コンフィックまでご相談ください。

【関連記事】株式会社コンフィックの「自動組版」をテーマにしたブログ一覧


システム開発・運用に関してのご相談,ご用命は,
多くの開発経験がある株式会社コンフィックへ
e-portfolioeポートフォリオ),クラウドクラスサイトワンドe-Legislationシステム開発データ変換サービス 等
お気軽にご連絡ください。


株式会社コンフィック http://www.conphic.co.jp 代表取締役 齋藤大地
メールでのご連絡はこちらのフォームからお願いします。
迅速に対応いたします。