conphic_logo_03
東京都立川市のシステム開発会社 株式会社コンフィック


株式会社コンフィックのブログにアクセスいただき,誠にありがとうございます。

株式会社コンフィックでは,学内情報翻訳データベースシステムを提供しています。
学内の規則類や入学案内など,留学生や海外へ向けた情報発信を目的としたシステムです。

規則集を紙媒体又はWordなどの電子データで管理されている場合,その規則集のデータベース化からご提案をいたします。
規則集は法令や条例と同様に,新旧対照表や一部改正規程類を作成していると思いますが,それらの教授会用資料についても容易に作成できるシステムをご提案可能です。
学内情報を翻訳するための辞書構築や,翻訳支援環境の構築を行い,スムースに情報発信可能とすることで,大学の国際化に貢献いたします。
現在ご導入いただいている大学は,日本語・英語での情報公開が多いのですが,多言語での情報発信についてもカスタマイズ対応可能です。
既に各部局で翻訳されている文書がありましたら,それらを一元的に収集し,データベース化することにより,学内での翻訳品質の統一と翻訳効率の向上を見込むことが可能です。
もちろん,大学だけではなく,高校や専門学校でもご利用可能です。

株式会社コンフィックでは,文書データベースの構築や翻訳支援環境の構築,法制執務支援の各種ツールを提供しています。
それらを組み合わせ,お客様に最適なシステムのご提案をいたします。
お気軽に株式会社コンフィックまでご連絡ください。

【関連記事】株式会社コンフィックの「データベース」をテーマにしたブログ一覧


システム開発・運用に関してのご相談,ご用命は,多くの開発経験がある株式会社コンフィックへ
e-portfolioeポートフォリオ),クラウドクラスサイトワンドe-Legislationシステム開発データ変換サービス 等
お気軽にご連絡ください。


株式会社コンフィック http://www.conphic.co.jp 代表取締役 齋藤大地
メールでのご連絡はこちらのフォームからお願いします。
迅速に対応いたします。