conphic_logo_03
東京都立川市のシステム開発会社 株式会社コンフィック


株式会社コンフィックのブログにアクセスいただき,誠にありがとうございます。

株式会社コンフィックでは,法令や例規の立法(法制執務)業務を支援する各種ツールやシステムを研究開発しています。

法令で用いられている用語には,定められたルールがあり,このブログでも紹介してきましたが,今日は「例とする。」と「例による。」の使い分けをご紹介したいと思います。

「例とする。」は,普通はそのようにすることが望ましいが,合理的な理由があれば例外も認められる場合に用いられます。
「例による。」は,その場合にあてはめて適用するという意味で,「準用する。」とほぼ同様に用いられています。他の法令をそのまま借用してあてはめることにより,同趣旨であることを説明するケースなどに用いられます。
(参考 法制執務提要)

このように,法令は,その内容を間違いなく伝えるために用語の選択などを推敲の上作成された文章です。
法令を読み解いていくと,その規定内容の表現により,立法者の意思が伝わってくると思います。

株式会社コンフィックでは,正確な法令用語にて立法されているかのチェックツールや,類似表現があり検討の必要性がある箇所を指摘するツールなどを開発しています。
法令だけではなく,各種文書にも転用できる技術ですので,文章作成時にお困りの事がございましたら,お気軽に株式会社コンフィックまでご相談ください。

【関連記事】株式会社コンフィックの「法令」をテーマにしたブログ一覧


システム開発・運用に関してのご相談,ご用命は,多くの開発経験がある株式会社コンフィックへ
e-portfolioeポートフォリオ),クラウドクラスサイトワンドe-Legislationシステム開発データ変換サービス 等
お気軽にご連絡ください。


株式会社コンフィック http://www.conphic.co.jp 代表取締役 齋藤大地
メールでのご連絡はこちらのフォームからお願いします。
迅速に対応いたします。