conphic_logo_03
東京都立川市のシステム開発会社 株式会社コンフィック


株式会社コンフィックのブログにアクセスいただき,誠にありがとうございます。

株式会社コンフィックでは,大学の規則集や入学案内などの英文化とそのデータベース化の作業を行っております。

大学規則集は,法令や条例と同様の条建て文書であり,その英訳は,一定のルールに沿って英訳をすべき文書です。
大学によって英文化の翻訳ルールを定めている場合には,そのルールに沿って翻訳をするのが最適ですが,ルールを定めていない場合には,法務省が公開している法令外国語訳データベースシステムの辞書に準拠するのが良いと考えています。
大学の国際化への取り組みとして,規則や規程類の翻訳は今後必須になってくると思います。
また同様にシラバスの英文化も重要です。

それらの翻訳時に用語の統一や表現の統一を図る,翻訳ルールの策定や翻訳辞書の構築にまず取り組み,次に実際の翻訳を行うことが必要です。
その場限りの翻訳を行うことは,コスト面や品質面でも無駄な作業が発生してしまう可能性があります。

大学の規則類は,日本語が法制執務のルールに準拠した書き方になっているため,翻訳のし易い文書だと思いますので,規則類から英訳をスタートしてみてはいかがでしょうか。

株式会社コンフィックでは,翻訳時のルール策定から翻訳辞書の構築,実際の翻訳とそのデータを用いた翻訳データベースの構築を行っております。
大学の国際化や規則類の整備を御検討の方は,お気軽に株式会社コンフィックまでご相談ください。

【関連記事】株式会社コンフィックの「翻訳」をテーマにしたブログ一覧


システム開発・運用に関してのご相談,ご用命は,多くの開発経験がある株式会社コンフィックへ
e-portfolioeポートフォリオ),クラウドクラスサイトワンドe-Legislationシステム開発データ変換サービス 等
お気軽にご連絡ください。


株式会社コンフィック http://www.conphic.co.jp 代表取締役 齋藤大地
メールでのご連絡はこちらのフォームからお願いします。
迅速に対応いたします。