conphic_logo_03
東京都立川市のシステム開発会社 株式会社コンフィック


株式会社コンフィックのブログにアクセスいただき,誠にありがとうございます。

株式会社コンフィックでは,大学の国際化に向けた支援を実現可能な,学内情報翻訳データベースシステムを開発・運用しています。

大学の国際化のためのひとつの方法として,学内に散在している翻訳文書をデータベースに集約し,留学生や外国人教員のための学内情報を公開することが可能です。

日本語・英語のそれぞれの文書を対訳として整備する事によって,あらたに同類の文書を翻訳する際には,その文書を参照の上,翻訳することで,翻訳コストを低減することができます。
同じような文書を各部局で翻訳している現状ではないでしょうか。
翻訳情報を共有化する事により,コストの低減だけではなく,翻訳品質を統一化することも可能となります。
対訳文書をデータベース化する事により,大学固有の翻訳辞書を構築することも可能です。

大学の国際化(グローバル戦略)を推進する,学内情報翻訳データベースシステムをぜひご検討ください。
システムデモやシステムの試用を随時受け付けておりますので,お気軽に株式会社コンフィックまでご連絡ください。

【関連記事】株式会社コンフィックの「学内情報」をテーマにしたブログ一覧


システム開発・運用に関してのご相談,ご用命は,多くの開発経験がある株式会社コンフィックへ
e-portfolioeポートフォリオ),クラウドクラスサイトワンドe-Legislationシステム開発データ変換サービス 等
お気軽にご連絡ください。


株式会社コンフィック http://www.conphic.co.jp 代表取締役 齋藤大地
メールでのご連絡はこちらのフォームからお願いします。
迅速に対応いたします。