conphic_logo_03
東京都立川市のシステム開発会社 株式会社コンフィック


株式会社コンフィックのブログにアクセスいただき,誠にありがとうございます。

株式会社コンフィックでは,文書作成を支援する各種ツールやシステムを開発・運用しています。

文章を作成し,多言語に展開を予定している場合には,そのベースとなる言語をどの言語で記述するのかから決める必要があります。

日本製品の場合には,多くの場合には,日本語で文書を作成し,その日本語文書を多言語に翻訳していると思います。
ですが,日本語から翻訳をする場合,機械翻訳の精度は上がりましたが,主語が省略されていたり,一文が長くなってしまったりすることがあります。
多言語で文書を作成する予定の文書については,ベース言語を英語等にて記述し,それを日本語に展開するほうが効率的な場合があります。
ベース言語を英語にする事により,英語からヨーロッパ言語への翻訳費用が日本語からヨーロッパ言語への翻訳費用に比べて安価に翻訳する事が可能です。

ベース言語を日本語で作成する必要がある場合には,翻訳を意識した日本語を作成する必要があります。
文書作成は,その用途や展開方法により,そのライティングルールを変更しなくてはなりません。

株式会社コンフィックでは,お客様の作成した文章に対して校正をするツールを提供しています。
文書用途に応じたチェックルールを構築し,お客様の作業効率化と低コスト化に貢献します。
文書作成でお困りの事がございましたら,お気軽に株式会社コンフィックまでご相談ください。

【関連記事】株式会社コンフィックの「翻訳」をテーマにしたブログ一覧


システム開発・運用に関してのご相談,ご用命は,多くの開発経験がある株式会社コンフィックへ
e-portfolioeポートフォリオ),クラウドクラスサイトワンドe-Legislationシステム開発データ変換サービス 等
お気軽にご連絡ください。


株式会社コンフィック http://www.conphic.co.jp 代表取締役 齋藤大地
メールでのご連絡はこちらのフォームからお願いします。
迅速に対応いたします。