conphic_logo_03
東京都立川市のシステム開発会社 株式会社コンフィック


株式会社コンフィックのブログにアクセスいただき,誠にありがとうございます。

文書を翻訳する際には,その翻訳品質を一定に保つための,様々な工夫が必要です。
既存翻訳文書がある場合には,その対訳文資源を活用し,その対訳文から翻訳辞書を作成することができます。日本語を形態素解析し,その抽出された用語に対する訳語をさらに機械抽出し,その出現率も含め,リスト化します。
そのリスト化した内容から,翻訳辞書に適している用語であるかどうかを確認し,辞書を構築します。

機械抽出できる部分のみで辞書化するのではなく,人がその内容を精査し,辞書を構築することが必要です。
その精査のためのポリシーも事前に検討しておき,辞書の編さんを行います。

作成された辞書案をさらに精査し,翻訳辞書として構築後,新たに対訳文が増えた際には,この作業を繰り返します。
それによりさらに辞書の内容と語数も増え,翻訳のための環境が充実します。

株式会社コンフィックでは,初期の辞書構築から,その後の辞書内容更新に伴うサービスを行っております。
翻訳の品質を向上したい,翻訳内容を画一化したいといったご要望がございましたら,お気軽に株式会社コンフィックまでご相談ください。

【関連記事】株式会社コンフィックの「辞書」をテーマにしたブログ一覧


システム開発・運用に関してのご相談,ご用命は,多くの開発経験がある株式会社コンフィックへ
e-portfolioeポートフォリオ),クラウドクラスサイトワンドe-Legislationシステム開発データ変換サービス 等
お気軽にご連絡ください。


株式会社コンフィック http://www.conphic.co.jp 代表取締役 齋藤大地
メールでのご連絡はこちらのフォームからお願いします。
迅速に対応いたします。