conphic_logo_03
東京都立川市のシステム開発会社 株式会社コンフィック


株式会社コンフィックのブログにアクセスいただき,誠にありがとうございます。

株式会社コンフィックでは,大量データの変換処理やデータベース構築を行っております。

電子データの量は,PC類の処理速度に伴い,加速度的に増えています。
ビックデータと呼ばれるものは,テラバイトやペタバイトの域まで拡大しており,さらにそれ以上のデータも多くあります。

ビックデータからわかることもありますが,ノイズを除去した専門性の高いデータを準備し,それをフル活用することで業務効率が格段に上がるデータとして活用可能になる場合があります。

日々PCで作成される電子データを集約し,そのデータを再利用する事が効率化への近道です。
Web上にあるデータを活用する方法もありますが,社内のデータを集約することでより業務に密接なデータ(コーパス)として活用が出来ます。

特に文書関連のデータは,製品用語や独自用語が多く用いられている文書のため,専門性の高い書き言葉コーパスとして構築可能です。
その専用コーパスを用いて文章部品を構築する事や,多言語展開の基礎となる翻訳辞書作成を行うことが可能です。

株式会社コンフィックでは,お客様の情報資産である電子データをフル活用するためのご提案をいたします。
データベースの構築や,コーパス構築などをご検討中の方は,お気軽に株式会社コンフィックまでご連絡ください。

【関連記事】株式会社コンフィックの「コーパス」をテーマにしたブログ一覧


システム開発・運用に関してのご相談,ご用命は,多くの開発経験がある株式会社コンフィックへ
e-portfolioeポートフォリオ),クラウドクラスサイトワンドe-Legislationシステム開発データ変換サービス 等
お気軽にご連絡ください。


株式会社コンフィック http://www.conphic.co.jp 代表取締役 齋藤大地
メールでのご連絡はこちらのフォームからお願いします。
迅速に対応いたします。