conphic_logo_03
東京都立川市のシステム開発会社 株式会社コンフィック


株式会社コンフィックのブログにアクセスいただき,誠にありがとうございます。

株式会社コンフィックでは,文書作成を支援する各種システム開発・運用を行っております。

文書を部品として管理し,その部品を追加・更新していくことは,このブログでも良く話題に出していますが,文書部品の追加の際には,トピックライティングの思考を意識して作成するとより良い文書部品を揃えることができます。
DITA等の技術でよく用いられているトピックという単語ですが,文章部品と同じ考え方と言っても良いと思います。
トピックをどの単位で持つのか,DITAのように厳密に定義して行うのかは,その文書の種別や用途によっても大きく変わります。

特殊化を常に行うのであれば,その分野で固有の特徴をもつ文書部品を集積することで,対応は足りるケースも多いと思います。
ある程度柔軟性を持たせてデータ構築を行うことにより,様々なアプリケーションに対応可能なデータになる場合も多いと考えます。
どれだけ定型化するか,どの部分を汎用的にしておくのかは,お客様ごと,文書種類ごとに異なります。

株式会社コンフィックでは,多くの文書のデータ化,XML化の経験があり,それらのデータをどのように活用すべきかについて,最適な提案をいたします。
既存データベースに格納されている様々な文書データのXML化や関連したアプリケーション,スタイルシート開発など,お客様の文書作成作業状況などにより,最適な提案をいたします。
文書作成でお困りの事項がございましたら,お気軽に株式会社コンフィックまでご相談ください。

【関連記事】株式会社コンフィックの「部品」をテーマにしたブログ一覧


システム開発・運用に関してのご相談,ご用命は,多くの開発経験がある株式会社コンフィックへ
e-portfolioeポートフォリオ),クラウドクラスサイトワンドe-Legislationシステム開発データ変換サービス 等
お気軽にご連絡ください。


株式会社コンフィック http://www.conphic.co.jp 代表取締役 齋藤大地
メールでのご連絡はこちらのフォームからお願いします。
迅速に対応いたします。