conphic_logo_03
東京都立川市のシステム開発会社 株式会社コンフィック


株式会社コンフィックのブログにアクセスいただき,誠にありがとうございます。

株式会社コンフィックでは,各種データ変換のツール作成や,データ作成を行っております。

学術論文などは,LaTEX形式で記述されることが多かったですが,現在は,Word形式が増えていると思います。
以前記述したLaTEX形式のファイルと現在のWord形式のファイルを,データベース化する際には,XML化が最適です。

15年ほど前は,LaTEX形式からSGML形式に変換することが多かったのですが,現在では,印刷及びWeb用途に用いることが可能なXML形式としているケースが多いようです。

株式会社コンフィックでは,15年ほど前にSGML形式への変換作業経験もあり,学術論文だけではなく,各種白書類のSGML化も多く手掛けました。
お客様のデータをより利用しやすい形式に変換・加工いたします。
お気軽に株式会社コンフィックまでご相談ください。

【関連記事】株式会社コンフィックの「形式」をテーマにしたブログ一覧


システム開発・運用に関してのご相談,ご用命は,多くの開発経験がある株式会社コンフィックへ
e-portfolioeポートフォリオ),クラウドクラスサイトワンドe-Legislationシステム開発データ変換サービス 等
お気軽にご連絡ください。


株式会社コンフィック http://www.conphic.co.jp 代表取締役 齋藤大地
メールでのご連絡はこちらのフォームからお願いします。
迅速に対応いたします。