conphic_logo_03
東京都立川市のシステム開発会社 株式会社コンフィック


株式会社コンフィックのブログにアクセスいただき,誠にありがとうございます。

株式会社コンフィックでは,文書作成のための各種システム開発・ツール開発を行っております。

文書を作成する際,その字下げや2行目のぶら下がりを強制改行とスペースで調整された文書をよく見かけます。
句点までの一文は,途中で改行をできるだけ入れないようにすることが,後でデータとして利用する際に,利用しやすくなります。

改行が入っていて,スペースにて調整された文を,Web用途や翻訳用途で用いるときに,改行やスぺースを取り除く処理を入れる必要が出てきます。

その文書単体では,きれいにレイアウトがされているように見えますが,実際のデータでは,以下のようになっています。

  春寒の候、貴社ますますご盛栄のこととお
 慶び申し上げます。平素は格別のご高配
 を賜り、厚く御礼申し上げます。

改行をとってみると,スペース(□に置き換えました。)が入っているのがわかります。

□□春寒の候、貴社ますますご盛栄のこととお□慶び申し上げます。平素は格別のご高配□を賜り、厚く御礼申し上げます。

データとして2次利用しやすいことを意識して,ワープロソフトなどを用いることが必要です。

【関連記事】株式会社コンフィックの「文書」をテーマにしたブログ一覧


システム開発・運用に関してのご相談,ご用命は,多くの開発経験がある株式会社コンフィックへ
e-portfolioeポートフォリオ),クラウドクラスサイトワンドe-Legislationシステム開発データ変換サービス 等
お気軽にご連絡ください。


株式会社コンフィック http://www.conphic.co.jp 代表取締役 齋藤大地
メールでのご連絡はこちらのフォームからお願いします。
迅速に対応いたします。