conphic_logo_03
東京都立川市のシステム開発会社 株式会社コンフィック


株式会社コンフィックのブログにアクセスいただき,誠にありがとうございます。

株式会社コンフィックでは,XML技術を用いて各種文書作成のための支援ツールやシステムを開発しています。

DITA(Darwin Information Typing Architecture)は,マニュアルや技術文書にて用いられているアーキテクチャです。
主にトピックライティングを行うために,DITAの技術を用いてXML文書を作成します。

トピックをどの単位にするのか,また特殊化はどこまで行うのか。
は,それぞれの文書種類や用途によって工夫が必要です。

DITAについては,DITAコンソーシアムジャパンが発足されており,2017年3月21日に京都にてDITA Festa2017 Kyotoが行われます。

DITA入門講義
・DITAとは何か
・DITAによる制作、翻訳の実際
・DITAの再利用のしくみととその効果
から応用例の発表がありますので,ご興味のある方は,参加してみてはいかがでしょうか。

【関連記事】株式会社コンフィックの「マニュアル」をテーマにしたブログ一覧


システム開発・運用に関してのご相談,ご用命は,多くの開発経験がある株式会社コンフィックへ
e-portfolioeポートフォリオ),クラウドクラスサイトワンドe-Legislationシステム開発データ変換サービス 等
お気軽にご連絡ください。


株式会社コンフィック http://www.conphic.co.jp 代表取締役 齋藤大地
メールでのご連絡はこちらのフォームからお願いします。
迅速に対応いたします。