conphic_logo_03
東京都立川市のシステム開発会社 株式会社コンフィック


株式会社コンフィックのブログにアクセスいただき,誠にありがとうございます。

株式会社コンフィックでは,各種データ作成・データベースの構築を行っております。

紙媒体や電子媒体からデータ化(XML化)する際に,テキストデータをチェックしながらデータ化を行いますが,まれに半角カタカナが多用されている文書があります。
半角カタカナを利用して文字間を詰めているケースがほとんどで,それにより印刷時のレイアウト調整が行われています。
そのようなデータを2次利用しようとした際には,同じ用語として検索にヒットしない場合があり,半角から全角に置き換える必要や,再度入力しなおす必要があります。
印刷レイアウトのためだけではなく,データの2次利用を考慮した文書作成を心掛けることで,データ資産を有効活用することが可能です。
作成した文書などのデータは,その場限りで印刷できればよいと考えるのではなく,同類の文書を利用する際に,参照されるということを意識して作成することが重要です。

株式会社コンフィックでは,文書データの再利用やデータ変換など,文書作成に関するご提案をいたします。
文書の作成や管理でお困りのことがございましたら,お気軽に株式会社コンフィックまでご相談ください。

【関連記事】株式会社コンフィックの「データ資産」をテーマにしたブログ一覧


システム開発・運用に関してのご相談,ご用命は,多くの開発経験がある株式会社コンフィックへ
e-portfolioeポートフォリオ),クラウドクラスサイトワンドe-Legislationシステム開発データ変換サービス 等
お気軽にご連絡ください。


株式会社コンフィック http://www.conphic.co.jp 代表取締役 齋藤大地
メールでのご連絡はこちらのフォームからお願いします。
迅速に対応いたします。