conphic_logo_03
東京都立川市のシステム開発会社 株式会社コンフィック


当社ブログにアクセスいただき,
誠にありがとうございます。

紙媒体から電子媒体へ移行が進み,企業や官公庁でも多くの電子的な情報を保持していると思います。株式会社コンフィックでは,そのような情報資産を利用価値の高いデータへ変換し,データベース化するデータ変換サービスを行っております。

ただ電子化しただけ,スキャンしただけ,といった電子化の例も多くあると思います。属性情報を付加することや,規格統一することにより,価値のあるデータにし,それらのデータをデータベース化することで様々な用途に活用できます。

総務省HP「オープンデータ戦略の推進」内に,「オープンデータ」と言えるための条件として以下の2つが明記されています。
 (1) 機械判読に適したデータ形式で、
 (2) 二次利用が可能な利用ルールで公開されたデータ
2014年10月1日にはデータカタログサイトが本格運用を開始し,統計情報や各種のデータベースへのリンクもあり,今後オープンデータ化の取組は加速すると思われます。

株式会社コンフィックでは,データ変換(XML)やデータベース構築,大量データの一括処理や規格統一といった業務を行っております。
お気軽にご相談ください。


システム開発・運用に関してのご相談,ご用命は,
多くの開発経験がある株式会社コンフィックへ
e-portfolioeポートフォリオ),クラウドクラス
システム開発データ変換サービス 等
お気軽にご連絡ください。


株式会社コンフィック http://www.conphic.co.jp 代表取締役 齋藤大地
メールでのご連絡はこちらのフォームからお願いします。
迅速に対応いたします。