東京都立川市のシステム開発会社[株式会社コンフィック]

データ変換サービス

情報資産を活用する データ変換サービス

 株式会社コンフィックでは,様々な媒体からのデータ作成(変換)サービスを行っております。近年の情報社会において,データは大切な資産です。その資産を有効活用可能な利用価値の高いデータへ変換し,データベース化するデータ変換サービスを行っております。
 電子化といってもスキャンしただけといった電子化の例も多くあると思います。属性情報を付加することや,規格統一することにより,価値のあるデータにし,それらのデータをデータベース化することで様々な用途に活用できます。

マークアップ言語へのデータ変換

 電子データを利用価値の高いデータにするために,人でも機械でも理解できるよう,テキストデータにタグと呼ばれるマークアップ命令を付与し,そのタグで囲むテキストがどのような意味を持つ内容なのかをタグに記載いたします。
 データの用途をお伺いし,HTMLやTeX,SGMLやXMLといったマークアップ言語に変換いたします。

データベース構築

 多くのデータを活用するためには,データベースを構築することも有効な方法の一つです。データベースマネージメントシステム(DBMS)は,お客様のシステム環境や運用環境をお伺いの上,最適なものをご提案いたします。
 データベースの設計についても,汎用性のある設計をいたしますので,データとデータベースが情報資産としての価値をさらに高めることができます。

データの標準化・国際規格化対応

 データ変換やマークアップをする際には,W3C(World Wide Web Consortium)に準拠するよう,データ構造設計をいたします。
 DTD,RELAX NG 等々,国際規格化に対応した標準データを作成することが可能です。

XML自動組版

 XSL-FO(XSL Formatting Objects)を含むXSLT(スタイルシート)の開発を行い,文書に適したレイアウトでWeb用データや印刷データを作成することが可能です。
 従来のDTP(DeskTop Publishing)ソフトウェアで作成していた作業をより効率的にコストを低減することが可能です。

ワンソースマルチユース

 資産価値の高いデータを構築(データベース化)し,そのデータを様々な媒体や用途に活用することが,情報資産の価値をさらに高めることに繋がります。
 Web,紙媒体 ・・・伝えたい,利用したいデータを抽出し,必要な用途に沿った活用している中で,データソースは1つであることにより,データが更新された場合,利用しているシステムや紙媒体といった複数で利用されている箇所も同時期に更新することが可能です。

データ分析・解析

 大量データからその内容について分析や解析を行い,レポートするサービスもご提供可能です。お客様のニーズに即した分析・解析ツールを独自開発し,レポートいたします。

お気軽にお問い合わせください TEL 042-595-7557 受付時間 10:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © 株式会社コンフィック All Rights Reserved.