conphic_logo_03
東京都立川市のシステム開発会社 株式会社コンフィック


株式会社コンフィックのブログにアクセスいただき,
誠にありがとうございます。

紙媒体を電子化する際には,スキャニングを行い,画像データを作成してその画像データに対してOCRやOMR(マークシート)処理を行います。
OCRやOMR処理を前提とした,最適なスキャニングをすることで,その後のOCRなどの処理精度が高まります。
OCRソフトウェアの特性も考慮した解像度でスキャニングすることが必要です。
OCRは機械で文字を読み取りますので,その後の校正作業を効率化するために,OCRの読み取り辞書をカスタマイズすることや,文書レイアウトのテンプレートを作成してOCR処理をすることにより効率化が可能です。
OCRは100%正確に読み取りを行うことは困難ですので,その後の校正処理をどのように行うのか,作業開始前に作業設計を十分に行うことが重要です。
読み取り対象の文書が当初よりわかっている場合には,OMRに近い処理をOCRにて行うように,文書体裁を整えておくことも方法の一つです。
文書の電子化やデータベース化の作業ノウハウが多くある,株式会社コンフィックにお気軽にお問合せください。

【関連記事】株式会社コンフィックの「OCR」をテーマにしたブログ一覧


システム開発・運用に関してのご相談,ご用命は,
多くの開発経験がある株式会社コンフィックへ
e-portfolioeポートフォリオ),クラウドクラスサイトワンドe-Legislationシステム開発データ変換サービス 等
お気軽にご連絡ください。


株式会社コンフィック http://www.conphic.co.jp 代表取締役 齋藤大地
メールでのご連絡はこちらのフォームからお願いします。
迅速に対応いたします。