conphic_logo_03
東京都立川市のシステム開発会社 株式会社コンフィック


株式会社コンフィックのブログにアクセスいただき,誠にありがとうございます。

株式会社コンフィックでは,ICTを活用した授業運営を実現する各種システムを開発・運用しています。

文書をデータベース化する際には,XML(Extensible Markup Language)の形式にて電子化するケースが多くなってきました。
XMLは,文書の種類や用途に応じたマークアップ(文書構造や意味などを記述)することが可能ですので,お客様のご要件によりそのマークアップのルールを策定します。
このマークアップのルールは,DTD(Document Type Definition:文書型構造定義)やRELAX(Regular Language description for XML)などにより定義する方法がありますが,用途により最適な手法をご提案いたします。

文書構造定義を行う際には,お客様の文書をできるだけ多くお預かりし,その文書構造や内容を分析し,用途をヒアリングの上,文書構造の定義を行います。
この定義により,お預かりした文書を定義通りにXMLデータとして変換を行います。
このように一定のルールにより統一化されたデータは,その後文書作成支援システムとの連携や自動組版による印刷,Webサイト公開データへの活用など,ワンソースマルチユースが可能となります。

様々なアプリケーションで作成した文書を同一の形式にて保管しておくメリットはとても大きく,情報資産をフル活用するためにXML化データベース化をぜひご検討ください。

【関連記事】株式会社コンフィックの「XML」をテーマにしたブログ一覧


システム開発・運用に関してのご相談,ご用命は,多くの開発経験がある株式会社コンフィックへ
e-portfolioeポートフォリオ),クラウドクラスサイトワンドe-Legislationシステム開発データ変換サービス 等
お気軽にご連絡ください。


株式会社コンフィック http://www.conphic.co.jp 代表取締役 齋藤大地
メールでのご連絡はこちらのフォームからお願いします。
迅速に対応いたします。