conphic_logo_03
東京都立川市のシステム開発会社 株式会社コンフィック


株式会社コンフィックのブログにアクセスいただき,誠にありがとうございます。

株式会社コンフィックでは,データ作成・データベース構築のサービスを行っております。

データべースに構築されたデータを2次利用する際には,テキストデータのほかにもワープロソフトのファイル形式や,印刷用のPDF形式など用途に応じて変換が必要です。
各端末にそれらのデータ変換を行うソフトウェアがあればよいのですが,ソフトウェアのライセンス費用やインストールができない端末などもあると思います。
クライアント側にはそのようなソフトウェアを入れることなく,サーバ上で処理を行うことが可能です。
サーバにて,データ変換処理を行う際には,事前に夜間処理などで想定される形式に変換をしておくことや,アクセスした後,任意のファイルや範囲を変換する方法もあります。
利用する方にとって必要なデータ形式を常に取得可能な環境を構築してみてはいかがでしょうか。

既存のシステムに,変換サーバを組み込むことも可能ですので,データの2次利用をお考えの方は,お気軽に株式会社コンフィックまでご相談ください。

【関連記事】株式会社コンフィックの「ファイル形式」をテーマにしたブログ一覧


システム開発・運用に関してのご相談,ご用命は,多くの開発経験がある株式会社コンフィックへ
e-portfolioeポートフォリオ),クラウドクラスサイトワンドe-Legislationシステム開発データ変換サービス 等
お気軽にご連絡ください。


株式会社コンフィック http://www.conphic.co.jp 代表取締役 齋藤大地
メールでのご連絡はこちらのフォームからお願いします。
迅速に対応いたします。