conphic_logo_03
東京都立川市のシステム開発会社 株式会社コンフィック


株式会社コンフィックのブログにアクセスいただき,誠にありがとうございます。

システム開発文書品質研究会(ASDoQ)大会2017が2017年11月2日(木)に名古屋大学にて開催されます。
システム開発の際に作成する文書品質について,以下の講演・事例発表が行われます。
システム開発業務に関連している方は,参加してみてはいかがでしょうか。

———————————————————————-
システム開発文書品質研究会(ASDoQ)
「文書品質にとって技術とはなにか -文書品質から開発技術を見直そう- 」
「ASDoQ大会2017」開催のご案内
http://asdoq.jp/taikai2017/

◆◆文書品質向上に関わるポスター発表を募集中◆◆
http://asdoq.jp/taikai2017/poster.html
優秀な事例を表彰します!!!
———————————————————————-
 システム開発手法が多様化する中、開発文書を支える技術も多様化しています。開発文書の大きな目的は、要求や設計などの開発を行い、その成果を後工程の必要な相手に伝えることです。要求や設計に関わる開発技術と、それを正確に伝達するための文書技術、これらを高めることが品質の高い文書につながります。
 今年のASDoQ大会2017のテーマは、『 文書品質にとって技術とはなにか-文書品質から開発技術を見直そう- 』です。文書品質の視点から、システム開発に必要な技術を考え、開発力を幅広く向上させるためのヒントを探ります。
当日は、日頃の文書品質向上に関わる組織や個人の取り組みについて、大会参加者の皆さんと気軽に意見交換できる場を設けました。ぜひポスター発表にもご応募ください。皆様のご参加をお待ちしております。

□日 時:2017年11月2日(木)10:00-19:30(受付開始9:30~)
□場 所:名古屋大学 ESホール,ES会議室(名古屋市千種区不老町)
 [住所] 名古屋市千種区不老町 東山キャンパス
 http://www.nagoya-u.ac.jp/access/index.html
 [会場] 工学研究科中央棟(ES総合館)1階
 http://www.engg.nagoya-u.ac.jp/access/campusmap.html
□主 催:システム開発文書品質研究会(ASDoQ)
□参加資格:特に設けません。会員以外の方の参加も歓迎します
□参加費:通常料金 6,000円(税込)
 早期割引* 5,000円(税込)
 *10月2日(月)までの参加申込みに適用します
□参加申込み:下記URLから参加登録をしてください
 https://asdoq.jp/eguide/event.php?eid=28
 *参加申込み期限  :10月31日(火)
□テーマ:
 「文書品質にとって技術とはなにか -文書品質から開発技術を見直そう- 」
□プログラム:
◆第1部 チュートリアル (10:00~11:30)*選択制
【チュートリアル1】*
「学校教育におけるライティングの現実と書く力を伸ばす方法」
鈴木 史恵 氏(専修大学松戸高等学校,ことのは国語教室)
【チュートリアル2】*
「仕様の位置付けと厳密な記述」
酒匂 寛 氏(デザイナーズ・デン)
◆第2部 講演会&事例発表(12:45~19:30)
【オープニング】
【招待講演1】
「社会人に必要な言語教育」 
三森 ゆりか 氏(つくば言語技術教育研究所)
【ASDoQ活動報告】
「ASDoQ活動内容の紹介」
【招待講演2】
「ソフトウェア設計書には何をどのように書くべきか?
-リアルタイムOS開発の経験から-」
高田 広章 氏(名古屋大学)
【パネルディスカッション】
「文書品質を高めるための技術の使い方,磨き方」
パネリスト:鈴木 史恵 氏  酒匂 寛 氏 三森 ゆりか 氏
三森 利昭 氏(国立研究開発法人森林研究・整備機構) 高田 広章 氏
モデレータ:栗田 太郎(プログラム委員長/ソニー)
【ポスター発表&討議】
文書品質向上に関わる組織や個人の取り組みに関するポスター発表と
システム開発文書品質に関する討議
《ポスター発表募集中》優秀な発表を表彰し副賞を授与します!
http://asdoq.jp/taikai2017/poster.html
【クロージング】
事例発表 表彰&クロージング

□詳細:大会プログラム&参加申し込み
http://asdoq.jp/taikai2017/
□問合せ先:
システム開発文書品質研究会 事務局
e-mail:secretariat【@】asdoq.jp
□後 援: (予定,順不同)
独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)
名古屋大学大学院情報学研究科附属組込みシステム研究センター(NCES)
一般財団法人 日本科学技術連盟(JUSE)
一般財団法人テクニカルコミュニケーター協会(JTCA)
一般社団法人 組込みシステム技術協会(JASA)
NPO法人 TOPPERSプロジェクト(TOPPERS)
NPO法人 組込みソフトウェア管理者・技術者育成研究会(SESSAME)
NPO法人 ソフトウェアテスト技術振興協会(ASTER)
派生開発推進協議会(AFFORDD)
組込みシステム開発技術研究会(CEST)
産業日本語研究会
□運営:システム開発文書品質研究会
実行委員長 山本 雅基 (ASDoQ代表,名古屋大学)
プログラム委員長 栗田 太郎(ソニー)
実行委員 小林 直子 (エプソンアヴァシス)
塩谷 敦子 (イオタクラフト)
藤田 悠 (長野工業高等専門学校)
粕渕 清孝(SCREENアドバンストシステムソリューションズ)
奈良 慶之(ベリサーブ)
森川 聡久 (ヴィッツ)
海上 智昭 (名古屋大学)
———————————————————————-

【関連記事】株式会社コンフィックの「学会」をテーマにしたブログ一覧


システム開発・運用に関してのご相談,ご用命は,多くの開発経験がある株式会社コンフィックへ
e-portfolioeポートフォリオ),クラウドクラスサイトワンドe-Legislationシステム開発データ変換サービス 等
お気軽にご連絡ください。


株式会社コンフィック http://www.conphic.co.jp 代表取締役 齋藤大地
メールでのご連絡はこちらのフォームからお願いします。
迅速に対応いたします。