conphic_logo_03
東京都立川市のシステム開発会社 株式会社コンフィック


当社ブログにアクセスいただき,
誠にありがとうございます。

文章を翻訳する際には,日本語1文に対して訳文1文としておくと,対訳データとして活用することが可能です。
翻訳メモリーとして翻訳支援環境に対訳データを登録することや,対訳データから翻訳用の辞書を自動抽出することも可能です。
費用をかけて翻訳する際に,その後のデータ活用をすることを意識して翻訳を行うことが2次利用,3次利用といった活用が可能となります。
ただ翻訳しただけとなってしまっているデータが多くある場合には,その翻訳データを対訳データとして整理し,再利用することも可能です。
翻訳データの再利用,活用について,お気軽に株式会社コンフィックにお問合せください。


システム開発・運用に関してのご相談,ご用命は,
多くの開発経験がある株式会社コンフィックへ
e-portfolioeポートフォリオ),クラウドクラスサイトワンドe-Legislationシステム開発データ変換サービス 等
お気軽にご連絡ください。


株式会社コンフィック http://www.conphic.co.jp 代表取締役 齋藤大地
メールでのご連絡はこちらのフォームからお願いします。
迅速に対応いたします。