conphic_logo_03
東京都立川市のシステム開発会社 株式会社コンフィック


株式会社コンフィックのブログにアクセスいただき,
誠にありがとうございます。

株式会社コンフィックでは,文書作成・改訂のシステム開発を得意としておりますが,
文章をわかりやすく,翻訳しやすくするために,入力された文章の構文を解析し,わかりにくい文章になっていないか,チェックをする仕組みをご提案しています。
1文の長さが長い,主語と述語が遠い・・・等,文書種類によりチェック項目を設定します。
特に文章のかかり受けが複雑な契約書の文書や法令文書などを読みやすくするための機械処理などが必要だと感じています。
日本語はその前後の文脈によっても意味が変わるケースがありますので,
株式会社コンフィックでは,日本語処理に関して日々研究開発を進め,皆様の業務効率の向上を可能とするシステム創りを行ってまいります。

ちょっとした例を一つ・・・。
日本語の難しさ(面白さ)の例として以下のような文があります。
・ここではきものをぬいでください。
ひらがなで書かれていて句読点を打たないと
・ここで 履物を 脱いでください。
・ここでは 着物を 脱いでください。
と,読む人によって意味が変わってしまいます。
「ぎなた読み」といって古くからある日本語の言葉遊びです。

【関連記事】株式会社コンフィックの「日本語」をテーマにしたブログ一覧


システム開発・運用に関してのご相談,ご用命は,
多くの開発経験がある株式会社コンフィックへ
e-portfolioeポートフォリオ),クラウドクラスサイトワンドe-Legislationシステム開発データ変換サービス 等
お気軽にご連絡ください。


株式会社コンフィック http://www.conphic.co.jp 代表取締役 齋藤大地
メールでのご連絡はこちらのフォームからお願いします。
迅速に対応いたします。